English version - Version française - Deutsche Version

他のシャンパーニュワイン愛好団体の活動内容は、特定の「クリュ」または葡萄品種の促進にとどまっていますが、シャンパーニュ騎士団(オルドル・デ・コトー・ドゥ・シャンパーニュ)の特色はまさに、シャンパーニュワイン全般、また、その多様さを賞賛することにあります。
シャンパーニュ騎士団の役割は、いろいろなシャンパーニュワイン、その特徴や消費様式、その他、成功や祝福の最も権威ある象徴としてのシャンパーニュの評判やイメージ向上に寄与できることすべてについての振興シャンパーニュワインです。
シャンパーニュ騎士団は、シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(C.I.V.C.)の国際広報方針を実行する責任を負っています。騎士団の使命は、信頼できる支援者(料理店主、ソムリエ、ワイン通、および政界名士、ジャーナリスト、演劇・映画界の業界人)のネットワークを形成し、とりわけ、叙任式、試飲会、および「啓蒙」活動を通じて支援者の行動を促すことにより、シャンパーニュワインに関する必要不可欠な情報の普及に貢献することです。


歴史

 

1650年頃、ルイ14世宮廷の若い貴族たち、モルトマール、オロンヌ、ブルース、風刺作家サンテブルモンなどは、おいしいワインのためだけの優雅な愛好会を設立しました。彼らはみな有名なワイン通であり、とりわけ、アイ、アヴネー、オーヴィエの3つの「コトー」(丘陵斜面)でつくられるシャンパーニュワインを好んでいました。このため、この協会は「オルドル・デ・コトー」と名付けられましたが、フランス革命の少し前に消滅しました。
1956年、特にロジャー・ゴーシェやフランソア・テタンジェを中心とする「シャンパーニュ地方の人々」のグループは、歴史的研究を行い、初期の「オルドル・デ・コトー」を復活させることを決定しました。最初にこの新しい騎士団に参加したシャンパーニュ企業はテタンジェ、ローラン・ペリエ、メルシエ、およびマムでした。

シャルル・ド・サンテブルモン

 

 

シャンパーニュ業界の支援を受けたことにより、「シャンパーニュ騎士団」はシャンパーニュ業界のイメージ高揚の手段となり、フランス国内外で着実な成長を遂げました。
ジョルジュ・プラド団長が他界した1992年、シャンパーニュ業界は、シャンパーニュ騎士団がC.I.V.C.の定める新しい広報活動プログラムにおいて積極的な役割を果たすことを希望し、騎士団の運営への関与をさらに強めることとなりました。
1956年以来、4000名が騎士団に入団しています。

 

歴代団長(コマンドール)

 


Commandeur Pierre-Emmanuel TAITTINGER

団長
2007 ピエール・シェヴァル ガティノワ
2005 フィリップ・クール テタンジュ
2003 イヴ・デュモン ローラン・ペリエ
2001 フランソワ=グザヴィエ・モーラ ランソン-マルヌ・エ・シャンパーニュ
1999 ジャン=マリー・ルフェーヴル ポメリー
1997 マーク・ブルニオン プロプリエテール-レコルタン
1995 クロード・テタンジェ テタンジェ
1994 ベルナール・ドゥ・ノナンクール ローラン・ペリエ
1993 イヴ・ベナール モエ・エ・シャンドン
1992 クリスチャン・ド・ビリー ポル・ロジェ
1968 ジョルジュ・プラド  
1956 ロジェ・ゴーシェ プロプリエテール-レコルタン

 

階級

 

 

 

 

シュヴァリエ(騎士)/ダム・シュヴァリエ(女性騎士)

 

オフィシエ(将校)/ダム・オフィシエ(女性将校)

 

シャンベラン(侍従)/ダム・シャンベラン(女性侍従)

 

 
© Copyright - Ordre des Coteaux 2006